October 21, 2013


近所に住むイタリア人の友人が
遊びに来てくれました。
いつも彼女が遊びに来るときは
キッチンカウンターでの
カジュアルなおもてなしです。

teatime22

食器はアンティークのティーセット。
写真ではよくわかりませんが、
ドット部分がふっくら立体的になっている
ハンドペイントのものです。

teatime23

ティーポットはリボン×ローズガーランド。

teatime24

カトラリーはMapping&Webbの
ビーズラインです。
上品なフォルムがお気に入りで、
お客様用に使っています。

teatime25

チーズタルトを焼いてみました。
イタリア料理教室を主宰するほど
お料理上手な彼女のお口に合うか心配でしたが、
優しい友人は喜んでくれました♪

teatime26

インテリアのことから子育てのことなど
他愛のないおしゃべりを楽しんだ
午後のティータイムでした♪


〜・〜・〜・〜
素敵なご自宅でのイタリア料理教室。
ご興味のある方はお問い合わせくださいね♪
(英語とフランス語でのレッスンになります。)


April 22, 2013


とても素敵なベルギー人の友人から、
こんな箱をいただきました。
一見、黒と朱色で和風の雰囲気です。

tea9

蓋をあけると、ダマンフレールの紅茶の缶が
お行儀よく並んでいました。

tea10

この紅茶の缶、プチサイズでとっても可愛いのです♪

tea11

ちょうど主人がウィーン出張のお土産に
Hotel Sacherのザッハトルテを買ってきてくれたので、
さっそく紅茶を入れて、ティータイムにしました。

tea12

デメルのザッハトルテも美味しいですが、
ホテルザッハのものも、見た目よりも軽くて美味しいです。
幸せな午後のひとときでした♪

February 11, 2013


もうすぐバレンタインですね。
先日のパリで、美味しいショコラを買ってきました。
「HUGO & VICTOR」のものです。

chocolate11

本の形をしたBOXが印象的です。
これは作家ヴィクトル・ユーゴを逆さまにした店名にちなんでいるそう。
まるでジュエリーショップのような店内も素敵でした。

chocolate12

焼き菓子やマンゴ味のキャラメルも購入したのですが、
美味しすぎて、あっという間になくなってしまいました。

chocolate13

一粒一粒丁寧に作られたショコラ。
久しぶりに「レ・ミゼラブル」のミュージカルのCDでも聞きながら、
熱いカフェと一緒に、いただきま〜す♪

October 01, 2012


先日、すごく久しぶりにパンを焼きました。
ベルギーにはおいしいパン屋さんが
沢山あるのですが、時々、ふわふわの、
おそうざいパンを食べたくなるのです。

パン作りが得意なマダム達にアドバイスをもらい、
ハムやチーズがはいった、
ふんわりパンを焼きました。
(不格好なのはご愛敬ということで。笑)

teatime19

家族が出かけた後に、のんびり朝食タイム♪

teatime20

食器は、リモージュで出会った
おひとりさまプチデュジュネ・ティーセットです。

teatime21

家族にも好評だったので、
またパンを焼いてみようと思います♪

September 24, 2012


素敵な方からイタリア旅行のお土産に
美味しい紅茶をいただきました。

ヴェネチアのサンマルコ広場にある
1720年創業の老舗カフェ、
Caffe Florianの"Te Rosa Venexlana"。
プチバッグのような形をしたBOXも可愛いです。

シルクのサシェに入ったティーバックからは
薔薇の甘い香りがします。

teatime17

香り高い紅茶をいただきながら、
フランスで出会ったアンティークの
小物たちを眺めてはにんまり。

teatime18

穏やかな午後のひとときを過ごしました♪

June 04, 2012

 
先日、○○回目の誕生日を迎えました。
実はわたくし、恥ずかしいことに
自分の年齢を1歳、本気で間違えていました。
(もちろん若いほうに。笑)
なので、今年の誕生日はいっきに2歳、
歳をとってしまった気分です。。



結婚記念日や誕生日を忘れがちな我が家。
今年もスペシャルイベントはありませんが、
家族や友人がささやかにお祝いしてくれました♪



それから、誕生日とは関係ありませんが、
パリのお土産にいただいた
マリアージュフレールの紅茶のキャンディ。
濃厚な紅茶の香りが口の中いっぱいに広がります。
可愛い瓶は永久保存版です♪



まぼろしのGODIVAの苺チョコ。
噂には「おいしい♪」と聞いていたのですが、
私とは縁がないようで、
一度もショップで出会ったことがありません。
サプライズプレゼントでいただいて感激しました。



瓶もGODIVAのロゴ入りで可愛い♪



大切にいただきたいと思います♪

March 26, 2012

 
長い長い冬が過ぎ、
ベルギーにもいよいよ春がやってきました。
お天気のよい日が続き、新芽が息吹き始め、
それだけで気持ちが躍ります。

リビングのチェストの上のデコレーションも
春夏バージョンに衣替えしました。



春のお出かけはどこへ行こうかと
あれこれ考えながら
お茶するひとときがしあわせです♪



March 12, 2012

 

あれから1年が経ちましたね。

昨年の春は、震災のほかにも
個人的に悲しい出来事がいくつか重なり、
心がずしりと重い気持ちで過ごしたことを覚えています。

あれから1年。
家族や友人の健康や、子供達の成長など、
日々の小さなことが「幸せ」なんだなぁと
改めて思うのでした。



そんなことを考えながら
午後のティータイムを過ごしました。

LADUREEとPIERRE HERMEのマカロン。
久しぶりのHERME、美味しかったです。



アンリ・ルルーのキャラメルは
フランボワーズ味やレモン味など、珍しいお味も。



ささやかな幸せ時間でした♪

February 20, 2012

 
ドイツの東端の街、ドレスデンを訪れました。
エルベ川の河畔にバロック様式の宮殿が並んでいます。



広場に面する聖母教会。
第二次世界大戦の空爆で破壊され、
1996年〜2005年にかけて再建されたものです。
がれきとなった部材を組み合わせる作業は、
「ヨーロッパ最大のジグソーパズル」と言われたそうです。



ツヴィンガー宮殿。
フリードリヒ・アウグスト1世が、
1709年から23年かけて建設した宮殿です。
陶磁器博物館も併設されていて、
マイセンの素晴らしいコレクションが展示されています。
繊細な陶磁器の表現力に圧倒されました。



エルベ川沿いの街並みは
世界遺産に登録されていましたが、
車両用の橋の建設により、2009年に
世界遺産の登録が抹消されてしまったそうです。



さすがドイツ。
ソーセージの屋台があちらこちらにあり、
美味しい香りが漂ってました。



楽しみにしていたマイセン磁器博物館を訪れました。



美しすぎるシャンデリア。
上を見上げては、溜息の連続です。。



工房見学にも参加しました。
ロクロを回して形を形成するようす。



細かいパーツもひとつひとつ型でとり、
手作業で本体に貼りつけていました。



最後の絵付けの様子。
職人さんが1枚1枚手作業で絵付けをしていきます。



見学の後はアウトレットでお買いもの♪



お買いものの後は、併設のマイセンカフェへ。
マイセンの食器で軽食をいただけます。
ソーセージがマイセンのロゴのように配置されているのかな?



マイセンのロゴ入りのケーキ。



ドレスデンの工場直営店も訪れました。
それはそれは美しいハンドペイントの食器がずらり。
マイセンでお買いものをした後に訪れたのですが、
先にこちらに来ればよかった〜と思うくらい
素敵なものが沢山ありました♪



うんと悩んでマイセンで購入したのは、
薔薇のモチーフが美しい小物入れ。
ショコラを入れて、おもてなしのテーブルに添えても可愛いです♪



清水買いをしたのは、すみれのポット。
手持ちのすみれのティーセットと一緒に使っています。
(ちなみに、手前のすみれのガーランドのお皿はアンティーク・ドレスデンです♪)



美しいドレスデンの街並みに思いを馳せながら、
おうちでティータイムを楽しみたいと思います♪

December 01, 2011

 
早いもので、もう12月ですね。
クリスマスに向けて、
お世話になった方々へ贈るお菓子を用意したり、



クリスマスカードを書いたりして過ごしています。



この季節にふと食べたくなるのがミンスパイ。
ドライフルーツがぎっしり入ったパイは、
甘〜いのですが、懐かしい味がするのです。



紅茶は、素敵な方からロンドンの
お土産にいただいた、"Higgins"。
ほのかに香るフレーバーがとっても美味しいです♪



大好きなChristmas Teaも買い込みました。



そんなふうにクリスマスの準備をして過ごしていたら、
ウィーン在住の友人から小包が届きました。
友人がセレクトしてくれたオーストリアの名菓です。



DEMELのシュトーレンやザッハトルテ、
スミレのお菓子やジャムなど盛りだくさん♪
(Yさん、ありがとう〜♪)



この冬は家族や友人と
幸せなティータイムを過ごせそうです♪

October 10, 2011

 
フランスの陶磁器の街、リモージュを訪れました。



七宝焼のコレクションが有名な市立博物館。
お隣が大聖堂で、もとは司教の邸宅だった建物だそうです。
庭園もよくお手入れがされていて、素敵でした。



アドリアン・ドュブーシェ国立博物館は陶磁器のコレクションが有名です。
12,000もの陶磁器のコレクションが所蔵されているそうです。



リモージュを代表する名窯、BERNARDAUDのアトリエも訪れました。



楽しみにしていたのは、工房見学です。
原材料の説明や、型のとりかたなどを、
丁寧に説明してくれました。



まだ薬をかける前ですが、
このままでも十分美しいです。



ひとつひとつ職人さんの手によって仕上げられた
作品がずら〜と並んでます。



薬を塗る工程なども実演しながら説明してくれました。



窯に入れて焼くと15%ぐらいサイズが小さくなるそうです。



そして最後に絵付け。
職人さんが1枚1枚、手作業で仕上げていくそうです。
繊細な作業や工程を見学して、
リモージュ焼のお値段が高いことに納得したのでした。



リモージュの街には、あちこちに陶磁器屋さんがあります。
一見小さなお店に見えますが、複雑に入り組んだ迷路のような建物で、
奥に奥にお部屋が続いていて、中は結構広かったです。
アンティークのものから、デッドストックまで
掘り出し物を探すのが楽しいお店でした。



「Maison de la Porcelaine」にも行きました。
地下から2Fまで所狭しと食器が並んでいます。
ありとあらゆる形のものがあり、見ていて飽きません。



そして最後に立ち寄ったのが、Havilandのアウトレット。
倉庫のように山積みになっている食器を見て
思わず興奮してしまいました。



せっかく来たので記念に、と購入したのは
ルーブシエンヌのC/Sとデザートプレート。



お値段がとっても可愛かったので、
主人や子供達もそれぞれが好きなC/Sを選んで購入しました。
楽しかったリモージュ旅行を思い出しながら
バラバラな柄のC/Sで、
家族のティータイムを楽しんでいます。(笑)

食器棚を整理してスペースができたら、
また訪れたい素敵な街でした♪

May 30, 2011

 
少し前になりますが、チュニジアを訪れました。
チュニジアはアフリカ北部の小さな国で、
フランス保護領だっとことがあり、フランス語が通じます。
国教がイスラム教なので、街中にモスクがあります。



世界一のモザイクコレクションが見られるという
バルドー博物館。



建物の中だけでなく、屋外にもモザイクが展示されていました。
素敵な色合いの模様があり、お土産屋さんを覗くのも楽しかったです。



ずっと昔に何かの雑誌で見てから、一度は訪れてみたかった
チュニジアンブルーの街、シディブサイド。



白壁にチュニジアンブルーの扉が映えます。
扉のデザインも1軒1軒個性があり、見ていて飽きません。



扉の中は西洋風の中庭が続いていたりして、
とても可愛い街並みです。



路地に入っても、上を見上げても、白×ブルーがまぶしい!



何気ないレストランの看板も、
お洒落で可愛いです。



活気あふれる市場、メディナも訪れました。
細い路地をくねくねいくと、
ガラス細工やモザイク、銀細工などいろいろな
手工芸品のお土産があふれていました。



私の戦利品は、ティースプーン&スタンドのセット。



決してクオリティの高いものではありませんが、
プチプラだったので、普段使いに重宝しています。
異文化に触れて楽しい休日でした♪

April 18, 2011

 
今年もイースターの時期がやってきました。
近所の雑貨屋さんでは可愛いイースターエッグや
バニーちゃんが飾られていて華やかな雰囲気です。

すみれや蝶など、アンティークな雰囲気の柄が
デコパージュされたイースターエッグを見つけました。

EASTER

同じすみれのティーセットを出してきて、
ささやかなイースターのティータイムを過ごしました。

EASTER

心が痛む出来事があり、気持ちが沈む日もありますが、
暖かい春の陽気に元気をもらい、過ごしています。

February 14, 2011

 
バレンタインデーだから、という訳ではありませんが、
ベルギー王室御用達の「MARY」と、
「ピエール・マルコリーニ」のチョコレートをいただきました。

Mary Chocolate

MARYは以前はブルー×ホワイトのパッケージだったのが、
ホワイト×ゴールドのオーバルのロゴに新しくなったようです。
ここのチョコレートは本当に美味しくて、大好きです。

Mary Chocolate

マルコリーニのハートの可愛らしいチョコレートは、
よく見るとキラキラ光るお砂糖がまぶされていました。

ピエール・マルコリーニ

壊してしまうのがもったいないくらいの美しさでしたが、
穴を開けたら、中からも沢山のハートのチョコレートが出てきました。

幸せな午後のティータイムでした♪

January 24, 2011

 
ロンドンのお土産に紅茶をいただきました。
TEA PALACEの「ORGANIC ROSE GREY」のフレーバー。

紅茶

Earl Greyに沢山の薔薇の花びらがブレンドされています。
薔薇のつぼみがまるごとゴロゴロと入っていて、
スプーンですくうだけで、なんだか幸せな気持ちになりました。

紅茶

薔薇の香りがきついかな~と思っていただいたら、
ほんのり薔薇の香りでとっても美味しいです。

まだまだ寒い季節が続くので、
大切にいただきたいと思います♪

December 06, 2010

 
ブリュッセルには雪が積もり、とても寒い毎日です。
週末はドイツの小さな村、Monschauの
クリスマスマーケットへ行きました。



村の広場には大きなモミの木が飾られていました。



この日は氷点下で寒かったので、
ホットワインやホットチョコレートのスタンドの前は
沢山の人々で賑わっていました。



可愛らしいベイカリーもありました。



ジンジャーブレッドハウスや、星型クッキーなど、
クリスマスの可愛いお菓子が沢山売っていました。



お土産に買って帰ってきたのは、シュトーレンと
チョコレートのかかったバウムクーヘン。
シュトーレンはラムレーズンがしっとりと香ばしくて美味しかったです♪



そして紅茶はChristmas Tea。
シナモンとオレンジピールの香りが大好きなので、
毎年クリスマスのあとも、大事に飲んでいます。



外は寒いけど、家の中はポカポカと暖かく、
幸せなティータイムでした♪

November 15, 2010

 
早いもので、クリスマスのテーブルについて
考える時期になりました。

愛用しているクリスタルのキャンドルホルダーとネームカードホルダーに
ぴったりのカトラリーレストを、サラグレースさんで見つけました。
(だいぶ前の話ですが。)



カトラリーレストも一緒に収納するために、
以前作った「テーブル小物の箱」を新しく作りかえました。



箱の蓋裏にはメモボードとポケットをつけました。
当日のレシピや、席順メモ、ネームカードなどを挟んでおけます。



中段の引き出しにはカトラリーレストが8個ぴったり収まります。



お客様をお招きした当日は
お料理の準備などであわただしいのですが、
ネームカードを作るなど、事前準備の時間も楽しいひとときです。
そんな小物のための箱を作るのも、とても楽しかったです♪

July 19, 2010

 
久しぶりにミシンを出してきて、手作業をしました。

ベルギーレースのカバー

ブルージュで見つけた可愛らしいベルギーレースを使いました。
このようにして使います。

ベルギーレースのカバー

こちらのバチュラーサイズのティーポット、
熱湯を入れると持ち手が熱くなってしまうのです。

持ち手カバーを手作りしたら、
ティータイムがますます楽しくなりました♪

February 22, 2010

 
パリで素敵なアフタヌーンティスタンドを見つけました。
こちらに来てから、アフタヌーンティスタンドを
ずっと探していたのですが、
大きすぎたり、形が気に入らなかったり。
やっと我が家にやってきました。

アフタヌーンティスタンド

こちらはBLANC D'IVOIREのシルバーで、
小ぶりで、くりんくりんとした持ち手と、
オーバルのパールラインのトレイが
とっても可愛いのです。

アフタヌーンティスタンド

シルバー製品はお手入れが大変ですが、
ピカピカになると気持ちがよいし、
単純作業なので、毎回せっせと磨いています。
そんな無心になれる時間も好きです♪

April 14, 2008

テーブルデコレーショングッズが好きで、
ついつい買い集めてしまいます。
こちらはクリスタルのキャンドルスタンドとネームスタンド。
別々に購入したものですが、
雰囲気が似ているのでセットで使用しています。
クリスタルの小物は、光があたるとキラキラ輝くので、
テーブルにあるだけで雰囲気が華やぎます♪

クリスタルのテーブルウェア♪

テーブルが華やぎます♪

ブログランキング
人気ブログランキングへ