January 2013

January 29, 2013


カルトナージュの作品数点が
「北欧ファブリックで作る服とかわいい小物 
ティルダのホームソーイング」に掲載されました。
(日本ヴォーグ社刊 / P.70〜P.73)

hyoushi

他にもキルティングやソーイングの人気作家の方々や、
カルトナージュ作家の井上ひとみさんなどの
素敵な作品と作り方が沢山掲載されています。

本屋さんのお近くに立ち寄られた際には、
お手にとってご覧になってみて下さいね♪


「Tilda's Home Sewing展」
Tilda本出版を記念して、書籍内の作品の一部が
西武百貨店にて展示されます。

【期間】1月29日〜2月11日
【場所】西武渋谷店 A館7Fサンイデーマテリアルショップ

【期間】2月13〜2月26日
【場所】西武百貨店池袋本店7Fサンイデーマテリアルショップ

渋谷や池袋のお近くに立ち寄られた際には、
是非覗いてみてくださいね♪


January 28, 2013


週末パリへ出かけました。
お天気はあいにくの雪。

paris77

雪景色のパリも趣があって素敵でした。

paris78

市庁舎前広場では、スケートリンクが設置されていて
入場を待つ人々の長蛇の列ができていました。

paris80

ノートルダム寺院へ向かう道をのんびり散策。
雪なので人も少ないかと思ったのですが、
ソルドの時期でもあったので、街中は活気にあふれていました。

paris81

ボンマルシェ近くのインテリア雑貨屋さん。

paris79

9月に訪れた際は、火事があった後で改装中でしたが、
すっかりリフォームして再オープンされてました。

paris86

雪なので、お店めぐりもほどほどに、
まったりとカフェで過ごしたり。

paris84

ライトアップもされていて綺麗でした。

paris82

夕食は友人で雑貨店オーナーの黒川早織さん
サンジェルマン地区の素敵なレストランに出かけました。

深夜の12時近くまで、しゃべり倒した私たち。
その時間でもお店はほぼ満席で、
私たちが最初にお店を出たお客さんでした。

paris85

雪でも活気あふれるパリと
友人とのおしゃべりに元気をもらった
楽しい週末でした♪

旅行 

January 21, 2013


ビーチリゾートが点在する東海岸から島を横断して、
西海岸にあるオリスターノに向かいました。

sardigna28

オリスターノ近郊には
紀元前8世紀頃にフィニキア人によって作られた
タロス遺跡があります。

sardigna25

サン・マルコ岬に広がる絶景。

sardigna23

上の写真は、下の写真の矢印部分から撮影したものです。
岬の先端まで歩いて行って、
振り返って撮影したものが、下の写真です。

sardigna24

そしてサルディニアと言えば、おいしいイタリア料理!
出汁のよくきいたシーフードリゾット。

sardigna20

大好物のボンゴレ。

sardigna21

サルデーニャ島は世界でも有数の
高級ボッタルガ(からすみ)の産地として知られています。
中でも、オリスターノ近郊にある街、
カブラス潟で獲れたボッタルガが最上品だそう。
カブラスを訪れて、ボッタルガのパスタをいただきました。

sardigna22

サルディニアにある世界遺産にも立ち寄りました。
紀元前1000年代に栄えたヌラーゲ文明を象徴する遺跡です。

sardigna29

まるで迷路のように積まれた石。

sardigna30

ちょっとわかりにくい写真ですが、
内部につながる階段です。
上にあがっていくのですが、とても小さな空間で
頭がぶつからないように要注意です。

sardigna31

そして細い通路を通っていくと、円錐の形状をした
高さ10mもあるお部屋につながっているのです。

sardigna33

遺跡を後にして向かったのは、
サルディニア島の首都で、最南端の街、カリアリ。

sardigna34

野生のピンクフラミンゴも生息していました。

sardigna35

そして海沿いの道をドライブして島を北上。

sardigna36

何十キロも続く雄大な景色に息をのみ、
何度も車を停めました。

sardigna37

サルディニアのホテルも素敵でした。

sardigna40

イタリアのロココ家具がゴージャスです。

sardigna41

お部屋からはこんな景色。

sardigna42

朝食は海を望みながら。

sardigna43

イタリアの朝ごはんは
スィーツやケーキ類が充実していて嬉しいです。

sardigna44

ホテルのテラスからの眺め。

sardigna45

海辺で夕日を眺めながら、
ぼーっと過ごすひとときが、幸せでした。

sardigna46

急遽決めた旅行だったのですが、
サルディニアの大自然を満喫した楽しい休日でした♪

旅行 

January 14, 2013


年末年始はイタリアのリゾート地、
サルディニア島で過ごしました。
地中海ではシチリア島に次いで2番目に大きな島です。

sardigna1

最初に宿泊したのはアルゲロの街。

sardigna2

海と城塞で囲まれた旧市街は
こじんまりとしていて落ち着いた街並みでした。

sardigna5

街中にある石造りの教会は
シンプルだけど温かみのある雰囲気。

sardigna3

たまたまニューイヤーズコンサートの
リハーサルを行っていました。
グランドピアノとバイオリンの音色が
高い天井の教会内に響いて、
しばし、その美しい音色に耳を奪われました。

sardigna4

こんな景色を堪能しながら
海沿いの道を運転して向かったのは
カポカッチャにあるネプチューン洞窟。

sardigna6

断崖絶壁に沿って作られている700段近い階段を
ひたすら下っていくと、神秘的な鍾乳洞が現れます。

sardigna7

波や風の浸食により
何億年もかけて創られた鍾乳洞は
まるで地下宮殿のようでした。

sardigna8

北部にある街、スティンティーノ。
夏は観光客であふれかえるそうです。

sardigna9

「イタリアの最も美しい村」にも登録されている
カステルサルドの街。
ドーリア城とその下に広がるカラフルな町並みが
可愛らしかったです。

sardigna10

海沿いを運転していると、
たびたび現れる美しい海辺で休憩しながら
のんびりドライブを楽しみました。

sardigna11

そしてフェリーに乗って向かったのは、
ラ・マッダレーナ諸島。

sardigna12

エメラルドグリーンの海が広がります。
夏は海水浴客であふれかえる人気スポットですが、
年末年始はとても静かで、穏やかな時間を過ごせました。

sardigna13

「エメラルド海岸」とも呼ばれるコスタ・ズメラルダ。
フェリーからの景色にも心癒されます。

sardigna14

ニューイヤーズイブを過ごしたのは
オリビアという港町。
カウントダウンの時間が近づくと、
どこからともなくたくさんの人々が現れ、

sardigna15

みんなが向かった先は港にある広場。
大きなツリーが飾られています。

sardigna16

そして、イタリア語で"tre, due, uno, felice anno nuovo!"と
みんなでカウントダウンをして新年を祝いました。
新年と同時に花火が打ち上げられ、ハグやキスを交わし
とても華やかな雰囲気に。

sardigna17

この瞬間に、世界中のあらゆる場所で
いろんな言語でカウントダウンが行われ、
こうした光景が繰り広げられているのだな〜と思ったら
この場にいられることに、幸せを感じたのでした。

そして新年を過ごしたのは、
サンテオドーロの閑静なビーチリゾート。

sardigna18

透き通る海水がキラキラ輝き、
思わず吸い込まれそうになります。

sardigna19

長くなりましたので、次回旅行記に続きます。

旅行 

January 07, 2013


新年を迎えましたね。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

フリーコースの生徒さんからのリクエストで、
ノイハウスの回転するチョコレートの箱を作りました。

ノイハウスの箱は外側に単色リボンを使っているのですが、
せっかくなので、生地を使って遊んでみました。

cartonnage506

箱を開くと、普通のマジックBOXのようですが、、、

cartonnage507

さらに開いて回転させていくと、、、

cartonnage508

あら不思議、外側が別の生地に変わるのです。

cartonnage509

写真ではどうしても伝えきれないので、
動画をアップしてみました。
(↓クリックするとYou Tubeの動画に飛びます。)

youtube

ノイハウスの箱は丸箱でしたが、
四角い箱でもできるのでは?と作ってみたのがこちら。

cartonnage510

開くと3段の箱が現れて

cartonnage511

さらに開くと、別の生地が現れます。

cartonnage512

ぐるっと回して、

cartonnage513

箱を閉じることができます。

cartonnage514

回転させると、生地が変わる、
サプライズのある楽しい箱に仕上がりました♪