February 2012

February 27, 2012

 
だいぶ昔になりますが、マジックボックスを作りました。
モノグラムの刺繍の入った生地を使いました。



蓋を開けると、優しい風合いのリネンの箱が現れます。



サイコロのように、どこから開けるのかがわからない
楽しい箱に仕上がりました♪


February 20, 2012

 
ドイツの東端の街、ドレスデンを訪れました。
エルベ川の河畔にバロック様式の宮殿が並んでいます。



広場に面する聖母教会。
第二次世界大戦の空爆で破壊され、
1996年〜2005年にかけて再建されたものです。
がれきとなった部材を組み合わせる作業は、
「ヨーロッパ最大のジグソーパズル」と言われたそうです。



ツヴィンガー宮殿。
フリードリヒ・アウグスト1世が、
1709年から23年かけて建設した宮殿です。
陶磁器博物館も併設されていて、
マイセンの素晴らしいコレクションが展示されています。
繊細な陶磁器の表現力に圧倒されました。



エルベ川沿いの街並みは
世界遺産に登録されていましたが、
車両用の橋の建設により、2009年に
世界遺産の登録が抹消されてしまったそうです。



さすがドイツ。
ソーセージの屋台があちらこちらにあり、
美味しい香りが漂ってました。



楽しみにしていたマイセン磁器博物館を訪れました。



美しすぎるシャンデリア。
上を見上げては、溜息の連続です。。



工房見学にも参加しました。
ロクロを回して形を形成するようす。



細かいパーツもひとつひとつ型でとり、
手作業で本体に貼りつけていました。



最後の絵付けの様子。
職人さんが1枚1枚手作業で絵付けをしていきます。



見学の後はアウトレットでお買いもの♪



お買いものの後は、併設のマイセンカフェへ。
マイセンの食器で軽食をいただけます。
ソーセージがマイセンのロゴのように配置されているのかな?



マイセンのロゴ入りのケーキ。



ドレスデンの工場直営店も訪れました。
それはそれは美しいハンドペイントの食器がずらり。
マイセンでお買いものをした後に訪れたのですが、
先にこちらに来ればよかった〜と思うくらい
素敵なものが沢山ありました♪



うんと悩んでマイセンで購入したのは、
薔薇のモチーフが美しい小物入れ。
ショコラを入れて、おもてなしのテーブルに添えても可愛いです♪



清水買いをしたのは、すみれのポット。
手持ちのすみれのティーセットと一緒に使っています。
(ちなみに、手前のすみれのガーランドのお皿はアンティーク・ドレスデンです♪)



美しいドレスデンの街並みに思いを馳せながら、
おうちでティータイムを楽しみたいと思います♪

February 13, 2012

 
今月はじめに、ブリュッセルにあるDEBAILLEULの
工場直営店を訪れました。
店内にはDEBAILLEULらしい可愛いBOXが、
沢山ディスプレイされていました。



がっ、商品棚にはほとんど在庫なし。
お店の方にうかがうと、
「全部、日本へ送っちゃたんだよ〜」とのことでした。
かろうじて購入できたのは、以下の2箱でした。



トリュフの詰め合わせと、ガナッシュです。


(キャラメルトリュフが絶品でした♪)

ベルギーでも寒い日が続いているので、おうちで
暖かい紅茶と美味しいショコラを楽しみたいと思います♪

February 06, 2012


寒いですね。
ブリュッセルにもとうとう雪が積もりました。
 
さて、だいぶ間があいてしまいましたが、
「ウェディングのカルトナージュ」シリーズ、
最終回はウェディングケーキBOXのご紹介です。
1回目2回目はこちら。)

初夏号用の作品でしたので、
ミントグリーン×白で涼しい雰囲気に仕上げました。



箱を開くと、ジュエリーなどを入れる小物入れになっています。
よく見ると、お花の隙間からダイヤモンドに見立てた
クリスタルが顔をのぞかせています。



3作品一緒にプロのカメラマンの方に
撮影していただいた写真はこちら♪


Photo by Koichiro Hori

ウェディングらしい、爽やかな作品に仕上がりました♪
(今の季節には、ちょっと寒い雰囲気ですね。。)


* * * こちらは雑誌掲載作品です * * *