January 2010

January 25, 2010

 
カルトナージュの作品5点が
「PRETTY PRESERVED VOL23」に掲載されました。
(草土出版 / 2010年初春号 / P.52〜55)

Pretty Preserved vol.23

今回のテーマは「ギフト」です。
春はバレンタインデーやホワイトデー、
ひな祭り、入学・卒業などイベントが多い季節ですよね。
何かと贈り物をする機会が多いかと思いますが、
春のギフトをイメージした作品を作ってみました♪

〜・ MENU ・〜
丸型ギフトBOX
ガラスのギフトBOX
紅茶のギフトBOX
ハートの壁掛けBOX
春待ちバッグ
〜・〜・〜・〜

それから、読者プレゼントに
著書「スィーツモチーフのカルトナージュ」
ご提供させていただきました。
よろしかったら、ご応募くださいね♪

2月はじめ頃から書店に並んでいるそうです。
お近くに立ち寄られた際には、
お手にとってご覧になってみて下さいね♪


January 18, 2010


「ベルギーの香りを封じ込めたギフトBOX」
シリーズ最終回は「フラワーカーペットの箱」です。

ブリュッセルでは2年に1度、
「フラワーカーペット」という催しが開かれます。
世界遺産でもあるグランプラスの石畳の広場一面に、
巨大な花の絨毯が敷き詰められます。

そんなフラワーカーペットを
小さなギフトBOXの中に詰め込んでみました。

カルトナージュ

蓋を開けると、フラワーカーペットとその中央に、
さらに小さなギフトBOXが現れます。

カルトナージュ

小さなギフトBOXも小物入れになっています。

カルトナージュ

一見地味なギフトBOXですが、
蓋を開けると華やかな世界が広がる、
サプライズのある楽しい箱に仕上がりました♪


* * * こちらは書籍掲載作品です * * *

January 11, 2010

 
ベルサイユ宮殿へ遊びに行きました。
宮殿前広場では、こんな立派な門が出迎えてくれます。

ベルサイユ宮殿

宮殿内の広大な庭園はよくお手入れがされていて、
ゆっくり見て回ると1日かかってしまいそうです。

ベルサイユ宮殿

宮殿の中に足を踏み入れて、まず圧倒されたのが礼拝堂。
ルイ14世が毎日ミサに参加していたという礼拝堂には
壮麗な雰囲気が漂っていました。

ベルサイユ宮殿

578枚もの鏡が使われているという鏡の間。
窓からの日差しを反射する鏡と、
クリスタルのシャンデリアが眩しい、華麗な空間でした。

ベルサイユ宮殿

マリー・アントワネットの寝室。
溜息が出るほどゴージャスな空間でした。

ベルサイユ宮殿

ベルサイユ宮殿内にもLADURÉEが。
宮殿の雰囲気に溶け込んでいました♪

ベルサイユ宮殿

ルイ15世の愛人ポンパドール夫人のために建設され、
マリー・アントワネットにこよなく愛されたプチ・トリアノン。
モールディングなどの装飾のひとつひとつが可憐で、
溜息の連続でした。

ベルサイユ宮殿

何気ない階段ホールも美しかったです。
本殿と比べると、こじんまりとした宮殿ですが、
装飾のディテイルが繊細で、数々の女性たちを魅了したのが納得です。

ベルサイユ宮殿

庭園も素敵でした。
春には数々の薔薇が咲き誇るそうで、
また春に訪れたいなぁと思いました。

ベルサイユ宮殿

宿泊したのは、ベルサイユ宮殿に隣接するホテル。
こちらも宮殿を思わせる建物でした。

ベルサイユ宮殿

居室へ向かう階段ホールも、エレガントでした。
写真はありませんが、メインダイニングもクラシックで素敵でした♪
普通の朝食が、とても美味しく感じられました。(笑)

ベルサイユ宮殿

華やかなフランス宮廷文化に触れて、
たくさん刺激をもらった楽しい週末でした♪

旅行 

January 04, 2010

 
だいぶ間があいてしまいましたが、
「ベルギーの香りを封じ込めたギフトBOX」という
テーマで作った作品をご紹介します。
3回目は、「四季を刻む時計」です。

ベルギーは日本同様、四季がとても綺麗な国なので、
四季をイメージした時計を作ってみました。
蓋箱のアレンジメントを季節ごとに変えることができます。

〜 春 〜

カルトナージュ

〜 夏 〜

カルトナージュ

〜 秋 〜

カルトナージュ

〜 冬 〜

カルトナージュ

オーバルの形をした時計の箱の中には、
小物を入れることができます。

カルトナージュ

蓋のアレンジメントを変えると、
雰囲気が変わる、楽しい箱に仕上がりました♪


* * * こちらは書籍掲載作品です * * *



January 01, 2010

 
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

A HAPPY NEW YEAR !
(ジヴェルニー「モネの家」より)

今年も素敵な1年になりますように。